京都のお茶

こんにちは、特需課の星です。

 

とある方から京都のお土産をいただきました。

受け取ると早速、鼻の利く私、何やら香りを感じました。

なんでしょう?? 独特な香りがします。

早速中身の確認をしますと香りの元は、京都の某有名茶舗のお茶。

紙袋パッケージを越してタバコのような匂い…?

『いり番茶』と書いてありました。

中身はまるで枯れ葉と枯れ枝で人生初。

私はその存在を知らず、早速調べてみると

 

「玉露や抹茶の畑で、その年最初の茶摘みの後、畑に残って大きく成長した葉、

これらを枝ごと、ひざ下あたりまで刈り落とします。刈られた葉や茎、枝は時間をかけて蒸し、

揉まずに葉が開いた状態で乾燥させ保存します。

さらに出荷直前に熱した鉄板の上で3分ほど強火で炒って仕上がりとなります。

開いたままのバサバサの葉、焦げたところや茎、枝が含まれているのはそのためです」

また「いり番茶は『京番茶』とも呼ばれ、京都では普段使いのお茶として最も親しまれているお茶です。

ほうじ茶とは趣の異なる独特の香ばしさやさっぱりとした味わいが特徴です。

しかし、いり番茶になじみのない方には「焚き火くさい」「タバコくさい」と感じられることも。

含まれるカフェインやタンニンの量も少なく、昔から京都では特に赤ちゃんや病気の方に

良いお茶と伝えられています。」とのこと。

 

モノは試しと我が家のガスコンロでお湯を沸かし説明指示の通り

 

 

 

 

 

急須でお茶を入れて待つこと10分。一服ごくり…

知りませんでした。これが京都標準のお茶だったなんて。

家族には好評でしたが、私は口に合うまで少し時間がかかりそうです。

興味のある方は『いり番茶』で検索してみてください。