ガス暖房専用熱源機の補水

こんにちは 工事保安課の阿達です。

師走になり寒さも一段と厳しくなってまいりました。

今回はガス暖房専用熱源機をご使用のお客さまへ補水方法をご紹介します。

先日、お客さまよりガス温水ルームヒーターが動かないと依頼があり修理に伺いました。

原因は、熱源機の中にある循環水(不凍液)が減っており、安全の為機器が停止している状態でした。

ガス温水暖房機は使用により水分が蒸発していくため定期的な補水が必要となります。

補水方法

  1. 屋内の温水暖房機器の運転スイッチを切る
  2. 屋外の熱源機本体上部注水キャップを取り外す(下記写真参照)
  3. やかんやペットボトルなどで水道水を補給する
  4. 熱源機下部の排水口から水が出てくるまで補水し、注水キャップを取り付ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補水後、暖房の試運転を行い修理完了です。

使用頻度にもよりますが、概ね1年に1回程度補水作業が必要です。

まずは暖房シーズンが始まる前に補水を行うことをオススメします。

その他ご不明な点は弊社までお問い合わせください。

 

~Information~

ガス器具の修理・取替は、越後ガスサービスにおまかせください。

TEL 0120-39-9651 または TEL 0250-22-9651

(営業時間 8:45~17:00 日・祝はお休み)