畳の部屋のカビ臭を防ぐために

こんにちは サイトウです。

新潟ではこれからの季節、気温の上昇にともなって雨が降りやすくなり、

畳の部屋ではカビ臭が発生することがあります。

窓を開けると、かえって部屋の中の湿気を増やすことになり、

カビが増殖しやすい環境となります。

 

カビ臭を防ぐ方法として、私が実践していることをご紹介します。

 

★エタノール(アルコール)を少量湿らせた布で、畳表面を拭き、室内を十分に換気する。

エタノール(アルコール)により、カビが殺菌され増殖防止にもなります。

※スプレー式容器入りのエタノール(アルコール)を使用し、布に吹き付けることで

比較的簡単に布を湿らすことができ、作業しやすくなります。

 

[注意点]

作業は天気の良い日に行い、またエタノール(アルコール)を使用するため、

換気を十分確保してから行いましょう。

 

これからじめじめで嫌な季節になりますが、少しでも快適に過ごせるよう気を付けたいと思います。

 

 

 

~Information~

建物工房すまいるでは、ここちいい住まいづくりを応援!

大規模な改装ではなくても、お部屋プチリフォームのご相談承ります(^o^)

手すり取付、クロス貼り替え、LED照明器具取付などなど…

お気軽にご相談ください!