漏水応急処置の一例

こんにちは ブログ担当たなかです(*^_^*)

寒い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

寒波の影響で、先週から給湯器の凍結、トイレの水道配管の凍結など、

たくさんの修理依頼をいただいております。

早急の対応をこころがけておりますが、

大変混雑しておりまして、ご不便をおかけしております。

お待たせして申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

 

凍結した状態から、気温が上がり始めると、配管の氷が融け

凍結破損した配管から水が漏れる状態が多くなってきています。

蛇口から水を少量出して、凍結予防を行っていても、

今回の最強寒波で氷点下が何日も続くと、凍結を防げなかったお宅もあったかと思います。

 

もしも蛇口まわりから水があふれてきたら・・・

漏水応急処置の一例をご紹介します。

 

水道の蛇口(以下水栓)は、その水栓ごとに水を止める栓(以下止水栓)がついています。

【浴室用のシャワー水栓の止水栓】

【台所の混合水栓の止水栓】

 

壁から出た部分にマイナスドライバーが入るようなネジがあります。

そこが水を止める“止水栓”になります。

時計回りにまわすと、“止める”になります。

水・お湯ともに出る混合水栓は、水側・お湯側それぞれに止水栓がついています。

止水栓をまわして水が止まると、ひとまず漏水を止めることができます。

↑止水栓をマイナスドライバーでまわして締める。

 

【台所のカウンター下の止水栓】

↑時計回りにまわす。

 

【水栓メーカーの開閉工具】

マイナスドライバーがなくても、このような工具でまわすことができます。

水栓を取り替えた場合に、取扱説明書と一緒についてきます。

 

症状が変わらなかったり、心配なことがございましたら、

いつでも越後ガスサービスへお問い合わせください。

 

越後ガスサービス  ☎0120-39-9651

または       ☎0250-22-9651

建物工房すまいる  ☎0250-21-4611