ガスコンロの赤火 なんでだろう?

こんにちは ひぐち です。

 

ガスコンロについて、ちょっと豆知識です。

ガスコンロの赤火が気になったことありませんか?

ガスコンロが赤火になるのは、さまざまな原因があります。

  1. コンロバーナキャップの位置不良や目詰まり
  2. 換気不足
  3. エアコンや外からの風が吹き込んだ場合
  4. グリル使用時、焼物の煙に含まれる塩分
  5. 加湿器を使用すると、水分に含まれるカルシウムが反応

大まかに、1~5のような原因が考えられます。

 

原因を一つずつ探ってみましょう。

    1. バーナー部分にあるバーナーキャップがうまくはまっていなかったり、煮こぼれ等で目詰まりをしている場合です。位置を確認し、掃除してみましょう。
    2. 換気扇を回していない等、換気不足によってうまく燃焼できなくなっている場合です。コンロを使用する際は、必ず換気しましょう。
    3. 風が吹き込むと炎がうまく出なくなります。強い風が当たらないようにしましょう。
    4. グリルで魚等を焼くと、魚の塩分を含んだ煙が出てきます。そのせいで炎が赤くなったりしますが、異常ではありません。
    5. 室内で使用している加湿器が原因となっている場合です。水分に含まれるカルシウムにより、炎が赤くなることがあります。異常ではありません。  

このように、ガスコンロの赤火が気になったら、1~5をチェックしてみてください。

 

安心・安全にお使いいただけるガスコンロ、当社でも多数展示しております。

今週末はフェアも開催します!!!

 

ぜひショールームへお越しください(*^_^*)

ガス器具紹介